Twitter・短縮URL

Twitter

最近、日本でもおお流行りなサイト。比較的自由にお友達との交流が可能だ。
だが、時として、悪意あるものに牙を向けられることもあるので、すべてを信用していると、痛い目に会うことを肝に銘じて、楽しむことだ。
しかし、商業用には、あまり向かないとのアナウンスもある。
何万人にフォローされようが、個人個人の動向を把握できるはずがない。フォロー数は、社会的な認識度合いを表すと考えたほうが良い。知名度のある方ならともかく、一般人がいくらあげいても、数千に足りるフォローなら、余り意味合いが薄い感さえする。
要は、親密なつながりをいかに継続できるかだ。
何か相談に乗れるとPR出来るような分野であれば、大きな成果を生むことが出来るかもしれないが、単にアフィリエイト的な売り込み方法では、煙たがられることだろう。アフィリエイトお断りと明記している者もいる。
何事も急がず慌てず。一定の間隔をおいて、親密度を深めることこそ、意義があると言える。

短縮URL

Twitterとセットで考えなければならいのがこの短縮URL。最近特にその利用度が大きくなってきている。
基本的にTwitterは142文字にまとめなければならない。
良く目にする検索時に表示される「URL」は、結構長いものが散見される。そのままコピーして貼り付ければ、肝心な文句など書くことも出来ない。URL数字だけでも一杯になる。
この長いURLが短い文に短縮してくれるのが「短縮URL」と言うものだ。
短縮URLは、「短縮URL」等と検索すると、結構表示される。
定番のサイトから疑わしきサイトがある。

定番のサイトは、「bitly」「Google URL Shortener」であろう。

【ご注意】
検索サイトで、むやみにサイトURLを入力することは、入力サイトでそのサイトの表記情報等を記録されているかもしれないことを十分に認識してURL入力することです。
URL等の入力を求めるサイトは、必ず入力URLやクッキーなどを記録しているだろうから、ある日突然思いもよらない不測事態が目前に飛び込んでくるかもしれない。
定番以外は、それを承知して利用すべきだろう。自身で確信があるサイトなら安心かも・・・。

WordPressプラグインの便利なTwitterのツイート機能

Twitter利用者にとって、自分のブログやホームページの記事を有効に活用したいと思っている方も多いと思います。無料ブログは、そのブログの提供会社がTwitterとの連携によってツイート出来るようにシステム化されているが、特に、WordPressのブログでは、一般的ではない感じがする。
だが、WordPressでもプラグイン「Tweet Old Post」を活用すると過去記事をランダムにツイートしてくれるという記事を発見した。
やはり考える方は一足早くに開発しているようです。
WordPressプラグイン「Tweet Old Post」は、次のサイトで紹介されている。

http://d.matu.biz/archives/319
http://wordpress.org/extend/plugins/tweet-old-post/

使用に当たっては、有効化して次の設定をする必要があるとのこと。
 細部は、上述のサイトで詳しく説明されている。

   ・ツイートする際のプリフィクス
   ・記事本文をツイートに混ぜるかどうか
   ・URL短縮を使うかどうか
   ・ツイートにハッシュタグをつけるかどうか
   ・ツイートさせる間隔
   ・ツイートさせる対象記事の期間(7日前から30日前を対象にするなど)
   ・ツイートさせないカテゴリーの選択






【PR】
本当の満足をESETセキュリティソフトウェアシリーズで
ESET NOD32アンチウイルス
特長1:ウイルス対策ソフト満足度調査No.1の実績
特長2:世界の各アワード・認定を獲得
特長3:様々な脅威から守るアンチウイルスソフト
無料体験版・製品購入はこちら:ESET NOD32アンチウイルス





a:28 t:1 y:0