ホームページをつくってみよう

ホームページは自分で作成できるか

ホームページの基本は、テキストエディターを使って、「.html」「.htm」という「拡張子」のついたテキストファイル、すなわちHTMLファイルを作成し、このファイルをインターネットに接続されたコンピュータからアクセスすることにより、自分が作成したHTMLファイルを見ることができるようになるのです。 ですから、ワープロを使うことができ、少しのHTMLの知識があれば、誰にでも作成することができます。 だれでも最初は、HTMLの知識がなくても、少しづつテキストエディタを使って記述していくうち覚えてくるものです。 ワープロを最初に触れた時、どうでしたか?。少しづつ操作方法が身についてきたでしよう。 HTMLという言語を理解すれば誰にでもある程度のホームページは作成できます。
でも、いちばん簡単なのは、ホームページ作成ソフトを使用することで、綺麗な効率的なホームページができますのでお薦めです。

ホームページを作成する方法

ホームページを作成するには、どんな方法があると思いますか?。

  1. 綺麗に早くホームページを作成したい
    ホームページを専門に作成している業者に依頼することです。ただし、基本的には有料で、金額も作成する内容により相違していますので、お近くの制作会社に依頼するといいと思います。専門の制作会社に依頼することにより、ホームページを見た人にも、かっこよいホームページと思われ将来にわたってホームページを見にやってくる人も次第に多くなっていくことでしよう。検索エンジンでも上位に表示されるようになり、自分で作成するよりは経費をかけた分効果は早いうちに出てくるでしよう。特に商品を販売するホームページでは、専門の方に依頼したほうが結局は安上がりになることでしよう。ただし、ホームページは、作成後に内容を更新するための保守管理や改版作業が必要ですので、毎月のホームページ更新料金が必要となります。この料金についての契約も確認しておくことをお勧めします。
  2. 効率よく自分でホームページ作成に挑戦したい
    とにかく、自分でホームページを作成したい。そんな人にお薦めは、ソフト会社から販売されている「ホームページ作成支援ソフト」を使って作成することをお勧めします。簡単に作成できるソフトといっても、自分に合った操作感覚というものがあります。高くて高機能のものから、安くて使い勝手よく機能も豊富なソフト、自分が将来こんなことにも挑戦してみたいと思う方向性にあうソフトを購入するとよいでしよう。また、フリーのものやシェアウェアなどのソフトもあります。HTML知識のない方には、あまりお勧めしません。私も、お金かけないようにと思い使用したりもしましたが結局自分では使い勝手の良いソフトを購入しました。でも、私ならできると感じる方は、挑戦してみるのもよいでしよう。
  3. 無料のテキストエディタで作成する
    ホームページは、基本的にHTMLという言語で記述しますが、基本を覚えればそれほど難しいものではないと言われています。最初はだれでも戸惑うものです。少し勉強したテキストエディタでHTMLを記述する手順を紹介します。私は、使い慣れたサクラエディタも併用しています。

自分でホームページを作成する準備

とにかく、自分でいまホームページを作成したい。それは、あなたのやる勇気といまインターネットを見ている状態のシステムなら簡単に無料でできるやり方を理解しましよう。

  1. Internet Explorer(ブラウザ)
    あなたは、いまこのページをInternet Explorerで見ていますか?。たいていの方はInternet Explorerを使っていることでしよう。もし、ほかのプラウザを使用している方なら、Internet Explorerよりほかのプラウザの使い勝手を理解されている方でしよう。以後、「IE(プラウザ)」と言います。
  2. テキストエディタ
    Windows の場合はメモ帳(「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」)を使用します。

   この説明には、Windows VistaでInternet Explorer 8.0とメモ帳を用いた表記で説明します。

ホームページファイル用のフォルダを作成する

まず、今から作成する各種ファイルを格納するためのフォルダを作成します。例えば、[マイ ドキュメント] の下に homepage という名前のフォルダを作成するには次のようにします。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「エクスプローラ」 でエクスプローラ(※)を起動します。
  2. または、「スタート」→「スタートのうえにカーソルを置き右クリーク」→「エクスプローラ(X)」でも、エクスプローラを起動できます。
  3. エクスプローラ左側のお気に入りリンクから 「 ドキュメント」→ フォルダの「ドキュメント」のうえで右クリーク→「新規作成(W)」→「フォルダ(F)」を選択します。
  4. 「新しいフォルダ」 が作成されますので、「ファイル(F)」→「名前の変更(M)」 で、フォルダの名前を「新しいフォルダ」から「homepage」と入力しフォルダ名をつけてください。
  5. フォルダの名前は、自分のお気に入りのどんな名前のフォルダ名でもかまいません。必ず、「半角英数」で表記するようにしましよう。

※ なお、「インターネットエクスプローラ」と「エクスプローラ」は別物です。
インターネットエクスプローラは、プラウザで読み込んだホームページを表示しています。
また、エクスプローラはパソコン本体に記録しているディスク上のファイルやフォルダを表示しています。
間違わないように注意しましよう。

拡張子は表示されていますか

パソコンを購入し、windowsをインストールすると、普通拡張子が表示されるようになっているはずです。
使用しているソフトの設定によって、拡張子が表示されないようになっている場合もあります。
ホームページのファイルを作成する場合、この拡張子(ファイル名末尾の .txt や .htm などの文字)が表示されているかいないかは非常に重要です。次の手順で拡張子を表示するモードに変更しておくようにしましよう。

  1. エクスプローラの 画面上部のバーから[ツール(T)]→[フォルダオプション(O)...] を実行してください。
  2. フォルダオプションの小窓の「表示」タブの下方にある [登録されている拡張子は表示しない] のチェックマークを取って(入れないで)「OK」 ボタンを押します。
  3. すると、どうでしよう、各ファイルに拡張子が表示されるようになりましたか。これで、準備が整いましたね。
  4. 拡張子を表示しなくても、「textファイル」や「htmlファイル」が判断できる人は、この操作は不要です。自身でファイル管理をしてください。

テキストエディタでHTMLを書いてみよう

テキストエディタ(メモ帳)で、 HTMLファイルを作成します。テキストエディタには、メモ帳以外にサクラエディタや秀丸などでも構いません。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」 の手順でメモ帳を起動します。
  2. メモ帳に次のように、HTMLタグを入力してください。
    <html>
    <head>
    <title>ホームページの練習</title>
    </head>
    <body>
    初めてのホームページです。
    </body>
    </html>

これを、[マイ ドキュメント] の下の homepage] フォルダのなかにhomepage.html という名前で保存してみましよう。

  1. メモ帳の 「ファイル(F)」→「名前を付けて保存(A)」 を実行してください。
  2. 新しく開いた「 ドキュメント」 のなかには、先ほど作成した「homepage」 フォルダが表示されますので、ダブルクリックしてください。
  3. 下段の「ファイル名(N)」に、「homepage.html」と入力し、[保存(S)] ボタンを押してください。
  4. これで、ホームページ用のhtmlファイルが作成保存できました。

ファイル名のつけかた

ホームページで使用する HTMLファイルや画像ファイルは、「半角英数字」でファイル名をつけるようにしましよう。全角文字や日本語表記を使用すると、IE8.0(プラウザ)ではホームページ用のファイルとして認識されない場合が多くありますので注意が必要です。
  • 半角英数字 のみでファイル名をつける。
  • ほかに、使用可能な記号は、ドット(.)、ハイフン(-)、アンダーバー(_)などですが、認識・修正間違いの原因になりやすいので使用しないほうが安全です。
  • スペース文字(空白)を含んだファイル名は使用しないようにしましよう。
  • △印は、使用できますが○印の表記をお勧めします。(以下同じ。)
  ○ homepage.html  △ home-page.html  × home&page.html  × home page.html  × ホーム.html

Windows で作成しているときは home.html も HOME.html も同じファイルとみなされますが、サーバーにアップロードすると別のファイルとして扱われることがあります。大文字と小文字の使い分け に注意しましょう。

拡張子のつけかた

HTML言語で書かれたファイルの拡張子は、通常「 .html」 なのですが、Windous3.1など初期のOSでは、拡張子に 3文字しか使用できなかったことから、「.htm」 と記述しているファイルを見かけますが、現在では「html」ファイルを多く見かけます。基本的には .html でも .htm でも、どちらを使用しても差し支えありませんが、新しいOSを使用しているなら、HTMLを使用したいものです。

   ○ homepage.html    △ homepage.htm


IE(ブラウザ)で表示する

今作成した homepage.html をIE(ブラウザ)で表示できるかやってみましよう。

  1. IE8.0(ブラウザ)を使用します。まだ、古いIEを使っている方はバージョンアップしましよう。前のバージョンをお使いの方も基本操作は同じです。画面左下の「スタート」→「すべてのプログラム」→「Internet Explorer」でインタネットに接続します。 または、スタートボタンに登録している場合は、そこ(インターネットボタン)から起動することができます。
  2. そして、IE8.0の左上部のメニューバーに表示(表示されていない場合は、「f10」ボタンを押すと表示されます。)の「ファイル(F)」→「開く(O)...」→「参照(R)...」 から「マイ ドキュメント」のなかの homepage の中の homepage.html を選択して「開く(O)」 ボタンを押してみてください。
メモ帳
ファイル(F) 編集(E)...
<html>
<head>
<title>ホームページを作成する</title>
</head>
<body>
初めてホームページを作成しました。
</body>
</html>
      
■ Internet Explorer
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) ...
初めてホームページを作成しました。

「初めてホームページを作成しました。」と表示されていますか?。この一連の操作手順で、最初に作成したあなたのホームページが完成しました。

(注意)また、インターネットマークのついたhtmlファイルは、「スタート」の上にカーソルをあて、右クリークでエクスプローラを開き、homepage.htmlファイルをダブルクリークしても、htmlファイルを開くことができます。試してみてください。

でも、なんか少し画面が寂しく感じませんか?。少し修正してみましよう。

では、もう少し文字を付け加えてみましよう。先ほど作成したhomepage.html の内容に新たなHTML言語を付け加えることにより文字を大きくしたり、色つきの文字で見ることができるようになります。先ほど使用した「テキストエディタ」で、homepage.html のファイルを開いてみましよう。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」 と、[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[エクスプローラ] を起動し、エクスプローラからメモ帳に、test.htm ファイルをドラッグ&ドロップ(マウスでつかんで移動して放す)する。
  2. メモ帳を起動し、[ファイル(F)]→[開く(O)] で [ファイルの種類(T)] を [すべてのファイル] または [すべて(*.*)]に変更し、test.htm ファイルを選択して開く。
  3. [スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[エクスプローラ]で test.htm ファイルをマウスで右クリックし、ポップアップメニューから [プログラムから開く]→[Notepad(メモ帳)] で開いて編集する。

テキストエディタで homepage.html を開き、先ほど記述した次の行に文字を付け加えてみましよう。

  1. テキストエディタで、「この」と文字を付け加えてください。
    <html>
    <head>
    <title>やさしいホームページ</title>
    </head>
    <body>
    初めてこのホームページを作成しました。
    </body>
    </html>
  2. 変更したテキストを 「ファイル(F)」→「上書き保存(S)」 で保存します。
  3. 再度、IE8.0(ブラウザ)で、homepage.html を表示してみましょう。先ほどから表示したままでしたらIE(ブラウザ)のメニューから 「表示(V)」→「最新の情報に更新(R)」 を実行してください。
  4. または、「f5」を押しても更新されます。前項でメニューの「表示(V)」が表示されていなければ「f10」を押せばメニューが表示されます。

テキストエディタで変更した記述内容が、IE8.0(ブラウザ)で見ることができれば修正成功です。

改行する方法

「初めて」と「このホームページを作成しました。」の間に改行を入れたい場合に、どうすればよいでしよう。テキストエディタで改行して、次のように表示されました。

初めて
このホームページを作成しました。

でも、テキストエディタで「Enter」キーを押して改行してファイルを保存し、最初にやった手順でIE8.0(ブラウザ)で表示(最新の情報に更新)するとどうでしよう?。改行されていますか?。IE8.0(ブラウザ)では、「初めて  このホームページを作成しました。」のように間隔が空いて表示されるのです。改行を行うには、HTML言語で改行したい箇所に「<br>」と記述します。記述してファイルを保存しIE8.0(プラウザ)で再表示してみてください。

 初めて<br>このホームページを作成しました。

どうですか、<br>を付け加えた箇所で、改行されていますか?。<br> は break の略で、改行命令のHTML言語なのです。

太字にする方法

では、「ホームページ」の文字を太字にしてみましょう。太字にするには、太字にする文字の初めに「<b>」後ろに「 </b>」を記述します。「/」は、HTML言語で記述するそれぞれの命令の終わりを意味します。

 初めてこの<b>ホームページ</b>を作成しました。

IE8.0(ブラウザ)で表示すると、「ホームページ」が太字で表示されているでしよう。<b> は bold の略で、<b>~</b> までを太字にしろという命令です。同様に、<i>~</i> で囲めば斜体文字(Italic)になります。

色文字にする方法

それでは、「ホームページ」を赤色にしてみましょう。ここでは、赤字にする方法です。HTML言語の「<font color=red>~</font>」を使用します。

初めてこの<font color=red>ホームページ</font>を作成しました。 

IE8.0(ブラウザ)で表示すると「ホームページ」が赤文字で表示されていますか?。これで、ホームページ作成の一歩が始まりましたね。あとは、HTML言語で、表現したい命令を記述していけば、素晴らしいホームページが作成できるでしよう。


アフィリエイトもできるよ

そして、ホームページを作成公開するとアフィリエイトといって、ASPが承認するバナーなどを貼付することができるのです。

【注意】 アフィリエイトには、いろいろなASPとの提携があります。なかには、うまい誘導文句でいかにもすぐに成果が上がるような表現をしている広告文字が見られます。 特に、過激な儲かる系の文句には、自分の責任において登録運用をするよう留意したいものです。 すぐに儲かるようであれば、誰も苦労などしない。億万長者があっちこっちに溢れかえっていることになります。 ただし、大手ASPで月に数百万稼ぐ方もおられるようです。 これは、ほんの一握りの方。 それだけの文才とページの構成能力そしてそこにいたる年月があったものと思います。

【聞いたたとえ話】 私もホームページ始めようと、共用サーバーやホームページ作成ソフト探していた頃、耳にしたのが、共用サーバー借りればすぐに月100万円は稼げるという話でした。
そんなうまい話があるのかと思いますが、1000のサイト作り、そのサイトが月1000円稼いでくれでば、月いくらになると計算できますか。 確かに理論上の話が実現すればのことでしよう。 実際にやっている方もおられるようですが、その成果は私の知るところではありません。 そして、いろいろなクレームもASPなどからあるようですが、当のサイトの管理人はどのサイトの問題なのかも特定できないようです。
それも、自動で作ってくれるソフトを使用してのサイトですから、管理人も判らないのでしようね。 それが、一般的に悪評をかっている風評もあるようです。 あちこちでいろいろと問題を起こしているとか聞いたり読んだりします。

【道徳心】 ところで、アフィリエイトやるにしてもしっかりとした善良な信念を持って臨むことが必要と思います。稼ぐだけに熱中して、他人の権利・心情などお構いなく勧誘する表現だけは慎みたいものです。
また、甘い経験をしてみたいと思う方は、その甘い裏に潜むかもしれない危険と責任をしっかりと認識することを肝に銘じておくべきでしよう。















a:70 t:1 y:1