QHM閉鎖サイトの解除方法について

  • QHMサイト
    このサイトは、QHMというソフトで作成しています。
    基本的に、サイト作成には結構手間と時間がかかるものです。
    途中でそのままに放置することもあることでしょうが、その手段としてサイト閉鎖の方法があります。
    動作の不具合やいったん作成したページの更新は長く更新しないこともあり、思い出したようにサイトを作りなおしてみようかと思っていったんサイトを閉鎖するとなかなか自分のサイトでありながらログインすることが出来なくなることがある。
  • 閉鎖サイトのログイン方法
    と言うわけで、一般に「ユーザ認証マーク」を掲載してあれば手間がかからないようですが、一番確実にログインできるのは、  
    http://ドメイン名/index.php?cmd=qhmauth
    で、閉鎖サイトにアクセスしてログインすることになります。
    ただ、ログインには、当初に設定したログイン名とパスワードが必要と言うことは言うまでもありません。

QHMの利用制限とログイン画面エラーの対応方法

誠に残念なことであるが、QHMは、常にソフトの使用法状況を監視しているように感じる。

現に何回もソフトにアクセスすることが出来なくなる状況が続いていた。
その都度に、監視するのはやめて自由に使えるようにするのがネット界の健全な運営に資するのではないかと具申したものだ。

このソフトのマニュアルで説明していることをいろいろな試してみたくなる。

特に、QHMは、残念ながらテンプレートと言うデザインが満足できるものではない。
プロ使用のデザインもあるが、有料版であり、その有料版も気に入ったデザインなどない。
誠に残念なことであるが「WordPressのデザイン」が使用できるからと説明しているが、これもQHMに問題なく使用できるかと言えばそうでもなく、不必要な部分が結構目につき使いずらい。

当然のこととして、素人が単にデザインを変更できるわけでもなく、いろいろ触っていると、QHMのソフト自体が動かなくなり立ちあがらなくなるケースが生じるのである。

そしてまた、何回も、その不具合を解消しょうとして、インストールし直すと、QHMのアクセス制限でインストールさえできなくなる。
なんとも忍の字も型崩れする状況で事務局にメールを送ったが、その答えが届いた。

「ご質問にお答えします。
利用制限については、先ほど解除致しました。
なお、根本的な解決としては、
WordPressのデザインを適用して、エラーで画面が表示されなくなったときは、
以下のようなURLにアクセスして、デザインを設定し直して下さい。
   |http://URL名/index.php?cmd=qhmsetting|
※例です
設定画面は、別デザインで動いていますので、表示されます。
お試し下さい」

と言う内容である。なお、メールには枠は付いていません。
このURLで不具合のないサイトにアクセスすると、「このページは、管理者のみアクセスできます」と表示されます。

そして、監視はやっていないと言うが、制限をかけると言うことは、監視検閲の類に入ると言える。

なにより「解除」と説明しているのは何よりの証拠であり、解除されるまでに、相当の日数がかかるし、その間に手直しは出来なくなる。

大切な時間と、いくら素人のサイトとはいえども、不具合のサイトを公開したままだと、そのサイトの巡回ロボットによる評価もなおガタ落ちだね。(まぁ、そんなに検索エンジンの好評価はないけどね:汗)

QHMが検閲に至った経緯?とその後

かって、QHMの使用者がQHMのソフトでデザインを作りそれを業としている事が発覚し裁判にまで発展したようだ。
結局は「和解」で解決の会員宛のメールで注意喚起があったけど、それ以来,このQHMソフトには、使用状況を監視するシステムをさらに強力にしたようだ。

担当者は「していない」との返信メールだが、現に上述した返信メールの内容でも「解除」という言葉があり、解除されるまではQHMのインストールが出来なかった現実がある。

* サーバーがおかしいのか?
* ソフトの不具合なのか?
* 改ざんにあったのだろうか?(他のソフトで経験あり!)
* サーバーへのアクセスが頻繁でブロック!
(サーバー2会社で返答:あるとき気が付くと、サーバーにアクセスできないことがあった。サーバー会社に問い合わせると、「不審なアクセスが多い」という。おかしいと思いつつ、サーバー会社を変更。変更先のサーバーは特に相性が悪い。アクセスが多くブロックしたと言うことだ。この時期には、改ざんとかが横行しサーバー会社もサーバー安全策を講じたのだろうが、当然サーバー会社も変更する決断をしたのである。)

この様な事象は、個人的なことだと言うかもしれないが、当人にとってみれば由々しき問題でもある。善良な使用者側に、相当な精神的苦痛と無駄な時間を浪費させられる事実を認識してほしいものである。

単に自己の会社を保護することも解るが顧客の使い勝手を優先することこそが大事だと言える。

(270325追記)
最近は、国内外の企業も個人情報を大手を振って収集し漏洩している向きもある。ソフトの品質向上化とかでパソコンの情報を収集するが、結局、パソコンの動作が遅くなる。特に、ウィルス系のソフトは、イライラさせられた。なぜか突然ネットが何回も切断する。NTTに電話し確認してもらったり、不安は拭えない。HDDの不審なアクセス動作。ネットが便利になり高機能化すれど、以前にまして不安現象は大きくなる。

このサイトも、Googleのスマホ対応化策により、修正している。ソフトでは、スマホ対応と言われており安心していたけれどそうではなかった。
Googleも一昔と比べ、企業指針の押し付けではなく、評価基準を事前に周知し、素人にも公平なネット界の評価取組をスマホ移行期までに見直す機会を与えたことはネットの健全化に大きく寄与するものであろう。

単に、被リンクが多ければ良いホームページという評価基準に群がるSEO群衆の評価ほど滑稽と感じられたものである。

この未曽有のネット界を誘引する覇者は、プロ集団だけでなく、新規参入者の「素人を育てる」ことこそ、公平に健全化を浸透させる大きな責務があると感じるのである。

a:73 t:1 y:1