USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!


ブログとホームページ・ソフト

ブローグとホームページどちらがよいか?

  • いま、「情報」、個人でも自由にインターネットを通じて発信することができるようになりました。
    その手段が、「ブログ」であり「ホームページ」なのです。
    情報の発信は、大手のマスコミや特定の人のみが発信するものではなくなりつつあります。

  • そして、いまや誰でもが簡単に準備されたツールを利用して、簡単にしかも「無料」で「ブログ」という「メディア」を一般個人が自由に作成することができるようになり、誰もが情報を発信できる「力」を持つようになってきました。
    特に商品やトレンドの情報においては、一般個人が発信する「メディア」の方が、大手のメディアよりも情報発信源として人気を得ている場合があります。

  • それは「ブログ」というだれもが手に出来ることにより、個人としての情報発信を容易にすることにより、インターネット上でのクチコミによる波及効果が加速度的広がりを見せています。
    インターネットだけでなくグループ・組織・会社・友人などをとおしてもクチコミ現象という現象が起きています。

  • 将来的にも、簡単にSearch(検索)でき、その情報をShare(共有)できる便利さを考察するとき、インターネット上でのクチコミ(ランキング)の波及は、ますます高まっていくと考えられます。このネット社会の活性化により大手企業が消費者に情報を伝えていくメディアの手段も大きく変化しています。

  • 「ブログ」はいまや無料で双方が活用できる「メディア」であり、TV・新聞・雑誌・広告紙などと同じように重要な情報発信・情報源になっています。
    大手企業にとっても、膨大な経費をかけないで、広告塔になってくれるメディアができると言うことは、極めてうまい情報発信源でもあるのです。お互いのニーズが寄り添えばよりよい効果が期待できるものなのですね。

  • 「ブロガー(ブログを書いている人)」は、言葉を換えれば、その「メディア」の編集長と言えるでしよう。
    「ブロガー」は、自作ホームページ以上に容易にネットワーク化してくれる個人にとっても良い情報発信源です。

  • それは、投稿の都度、あらかじめ設定したPINGサーバー先への投稿更新情報をネットワークにより広く情報伝達して即時に公開可能な技術の発達がなければ、人の目に入るには遠い道のりであることだけは、認識しておく必要があると感じております。

  • すなわち、記事投稿・公開情報の発信伝達・情報の受信公開のこの仕組み、いわゆるSEO対策を自分でやるのは、相当に知識がなければ出来ないことです。簡単にできると書いている情報源もありますが、ネット検索で上位にランクされるには相当の期間と相当のホームページ作成技術を要すると思ったほうが良いでしよう。

  • しかし、ホームページには、ブログでは味わえない出来ない醍醐味があります。だれにも拘束されず自由に企画構成できる楽しみがあります。
    ただし、少々の経費がかかることを理解しておきましよう。
    ブログにしても、オプション機能を付加すれば、少々の経費はかかります。

  • 結論として、ブログとホームページの両方をもって、相互に持ち味を生かした活用を進めることにより、ホームページを引き立たせることができるものなのです。

  • でも、結局のところ、ブログを絶え間なく投稿発信していかなければ、空前の灯となる運命が待ち構えている。いつまでたっても、どん底をさ迷える(ランキング下位)羊にならないように、継続する気迫が問われることを認識しておくべきと思います。

目で見るブログとホームページの紹介

○ アメバブログ

  http://ameblo.jp/yuukikoi/ (Yuukikoi Adventure Story ---トリコロールカラーの魔法の世界---)

○ ホームページ

  ①http://xn--y8jpj2ft114c.com/index.php(easyblogてんまであがれ)
  ②http://yuukikoi.com/index.php(Yuukikoi Adventure Story ---錦鯉の魅力---)


【使ってみたホームページ作成ソフト】


① ホームページ・ビルダー13

サンプル・部品など多機能・修復・修正・外部リンクなどコピー&ペストで実行できる機能が満載。
特に、どこでも配置モードは、お絵かき感覚でマウス操作で作成できるので初心者には便利な機能です。
画像の貼り付けなど簡単にできて綺麗な画面が作成できます。


工夫次第で,PRO流の作成も可能ですよ。ただし、CSSエディタは、自動設定はなく少し知識が必要です。素人には全く要なしです。でも、2009年12月4日発売の14は新装OPENで、使い勝手が良いというPRです。期待したいですね。私は、13買ったばかり何だけど、こんな時どんな優遇策を講じてくれるのでしようか。


また、13は、②に比べ、ホームページにセキュリティが設定できないためやや不安がぬぐえない感もあります。
ですが、最近は、ソースの表示で簡単にHTMLコーピーできますので、結局のところどうなのでしよう。
HTMLは、PCで作成してからサーバーに転送するようになっていますので、②より使い勝手はいいかもしれません。

なにより、一流のソフト会社が手がけたものでコピペでの更新修正は素晴らしいものがあり、入力の一部誤りも自動で修正してくれる。素人が使用するには一番のお奨めのソフトです。

② Quick Homepage Maker

最近、googleなどで「一番簡単なホームページ」との広告を目にするようになりました。
メールを書くように簡単に文章を書き込むだけ。後は、システムが、シンプルで美しいホームページに変換しますという説明です。

ホームページとしてのSSLも自動的に記述してくれ、正当なホームページとの感を受けます。
ちょっと、お固い正統派向きのホームページ作成ソフトという感じです。

画像も使用できますが、どこでも配置のような使い勝手や表作成などには、相当使い慣れないとという感じです。


このソフトは、普通のソフトがHTML言語なのに対しPHP言語というものです。
基本的に、ホームページは、サーバーが必要ですが、サーバーによってインストール時の設定がまちまちです。
設定要領は、QHMサイトでの説明書きに従ってやればできるでしよう。
また、なによりも、サーバーにソフトをインストールして使用する点では、①と大きく相違しています。
そして、サーバーの機能に依存するところがあり、十数分文書入力しページを更新しようと「ページの更新」ボタンをクリックすると最初の「認証画面」が表れ、今まで作成した文書が更新されずに消えてなくなる現象が起きますので注意が必要です。
何行かの文書を入力の都度、「ページの更新」をしておかないとせっかくの入力した文章が消える。歯がゆい思いの繰り返しのときがあります。



いろいろな制約を感じギブアップしてしまい、結局のところ現在①を主に使用しています。
ホームページの更新も、セキュリティを設定できるようになっているので、パスワードを知っているもの以外容易に更新できないシステムを採用しており、この点は安心して使用できるソフトです。

試用版と正式版(professional)があります。
Quick Homepage Maker サイト


【高嶺の花のホームページ作成ソフト】


Dreamweaver CS4

高級かつ高機能、初心者用のソフトではありませんが、本格的にやってみたい人にはお薦めの感がします。玄人さを出すにはこのソフトが良いとこのソフトを使用するようになった知人がいます。
http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver/features/?view=topnew









ホ―ムページ作成ソフト参照してください。(最近の記事)











a:56 t:1 y:0