アメバブログの賢い使い方・奥義

1 ブログに足跡(ペタ)をつける
訪問先のブログ記事の下にある「ペタ」をクリックすると、ペタ画面に切り替わりますので、今すぐペタるの部分をクリックします。
○○さんについたペタの一覧に自分のペタが現れるとペタの成功です。各訪問先でのペタの図柄は、ペタをつけた数により相違しています。
(「自分のペタ帳に戻る」または「マイページ」をクリックすると次の画面が表れます。)

2 自分のブログについた足跡を確認する
マイページをクリックし、管理画面の自分の顔画像の右の「今日のペタ」をクリックすると、「ついたペタ」と「つけたペタ」が確認できます。
ペタ返しをしていない人には、ペタ返しをするようにしましよう。

3 お気に入りブログの読者になる
いろいろブログを見て回っていると、これから親しくしていきたいと思うブログや新しい趣味の輪を広げてみたいと思う事でしよう。
ブログの設定によって「読者になる」ボタンの位置が違っていますが、左右のサイドバーに表示されている「読者になる」ボタンをクリックすると、
●相手に知らせずに読者になる。
●相手に知らせて読者になる。
の選択ができます。

後者を選択すると、メッセージを送る画面が出てきますので、コメントを書き送信すれば読者登録が完了し、登録先の読者一覧表に登録されます。

また、読者を受け入れる読者登録の設定は、「ブログを書く⇒アメブロの設定⇒アメブロの基本設定⇒読者登録の設定」で読者登録受付・読者登録画像認証による設定可能です。
(注:場合により、読者登録先承認がおりない場合もあります。)

4 お気に入りブログの更新情報をチェックする
マイページの中央に「チェックリスト」の項目があります。この項目に、自分が読者登録したブログが自動的に追加されます。
チェックリストの右端の「設定」をクリックすると、「読者になったブログ」「あなたのブログの読者」の欄が表示されます。
相手が「承認済み」、相手に内緒で「非公開」登録や、更新通知メールが受け取れる設定ができます。削除したい場合は、「削除」ボタンをクリックすれば削除されます。

5 アメバー(読者)限定の記事を読む
あるブログには、アメンバーとして承認した読者のみ限定公開の記事が掲載されています。
このような場合は、アメンバー申請をして承認されれば限定記事を読めるようになります。
ただし、アメンバーになるには、何回かペタ・メッセージやコメントを行うなどの条件を設定しているブログもありますから、日頃から興味があるブログの相手と親密感を結ぶようにしたいものです。マナーをしっかり守ることこそブロガーの責任ある信条と思います。永いお付き合いのためにも。

6 アメンバーになる
プロフィールの下段に「アメンバーになる」をクリックすると、アメンバーの申請画面が表示されますので、コメントと画像認証を記入し、「アメンバー申請をする」ボタンをクリックすればアメンバの申請をしましたと表示されます。
アメンバーを承認されると、登録メールにログインし、記事に従ってアメンバー承認のブログを表示し、「アメンバー限定記事を読む」ボタンをクリックすれば、限定記事が表示されます。

7 アメンバーの承認
アメンバー申請があると申請メールがあります。
また、マイページの中央上部の「お知らせ」欄に、「承認待ちのアメンバーがいます」と表示されますのでクリックすると、アメンバーの承認画面に「メッセージに返信しましよう」欄にメッセージを記入し、承認「○する」ボタンをクリックします。
「アメンバーの承認をしました。」の画面で承認が完了します。
(注:自動承認の場合は、表示されません。)

8 アメンバー限定記事を書く
「記事を書く」または「記事の編集」画面から、記事を書きまたは修正を行い、その画面下段中央部の「アメンバーに限定公開」ボタンをクリックすると、限定記事公開が完了します。
限定記事は、アメンバー限りの限定公開記事です。
ランキングとしてもカウントされません。

9 アメンバーを受け付けないの設定にする
管理画面の「その他」「アメンバー」の画面の「アメンバーの設定はこちら」ボタンをクリックするとアメンバーの設定画面の下部のその他「アメンバーを受け付けない」にチェックを入れ「保存」ボタンをクリックします。
これで設定完了です。(注*関連)

10 芸能人のブログ記事を閲覧する
なんといっても、AMEBAの魅力は、有名芸能人のブログ数が多いことでしよう。
マイページ画面の右側中央に「芸能人・有名人ブログ」欄がありますので、クリックすると「ameba芸能人・有名人ブログ」サイトを閲覧することができます。
お気に入りの芸能人ブログをマイページに登録しましよう。
登録要領は、ブログページの「読者に登録する」をクリックし、前項3の手順で登録手続きができます。
しっかりと、メッセージを送るようにしたいものです。

11 コメントを書き込みましよう
訪問先のブログ記事の下にある「コメント」をクリックすると、すでに書き込まれたコメントがある場合はその下のコメント投稿欄の「コメント記入欄を表示」をクリックすると、別ウインドウでコメント投稿画面が表示されます。
名前・URは、自動入力され、「コメントのタイトル・コメント・画像認証の数字」を入力し利用規約に同意して投稿するをクリックするとコメントができます。
なお、コメントしたコメントの内容は、コメント投稿者などが削除できませんので、投稿する前に内容をよく確認するようにしましよう。AMEBAちゃんのみ(管理者)が削除できる設定になっています。変なコメントは厳禁です。

12 前に更新された記事を閲覧する
「最近の記事一覧」または「カレンダー」の日にちをクリックすると遡って記事を閲覧することができます。
(1)記事を更新した場合には、カレンダーの日にちごとにリンクが張られるようになっていますので、以前の記事を読みたい場合にとても便利です。
また、月別・カテゴリ別に記事を見ることができます。「アーカイブ・archives」から選択し記事を読むことができます。
(2)記事が複数ある場合は、記事の上部・下部に数字のリンクが表示されますので、予想をつけて数字をクリックすると記事を閲覧することができます。

(3)「テーマ」が設定されている場合は、読みたいテーマ別にクリックすると以前の記事が表示されるようになります。

(4)記事を検索したい場合には、サイドバーの「ブログ内検索・search」からキーワードを入力して検索ボタンをクリックすると、検索キーワードに一致する記事が表示されるようになります。

13 記事を書く
ブログを書く⇒アメブロを書く⇒記事を書くで「タイトル・テーマ・記事欄」の画面が表示されます。
(1)タイトルは、記事の内容を反映できる内容に絞り込みタイトル文を記述します。

(2)テーマは、ブログ・無題・??など、記事内容の適合するテーマ設定をします。テーマの追加は、追加ボタンをクリックすると新しいテーマを記述し追加できます。

(3)記事を書く前に、「タグ編集エディター」に設定しておくと、htmlによる記事やこれに適合した画像などを表示することができます。

(4)記事の作成途中で記事がどのように表示されるのか確認したい場合には、プレビューをクリックするとhtmlのタグも読みやすい文書形式で表示されます。

(5)記事が完成すると、まず「下書き(非公開)」をクリックし下書き保存しておきましよう。
保存しておくとトラブルにも安全です。
そして、書いた記事がどのようにブログ表示されるのか「表示を確認する」をクリックし確認後、表示の不具合部分を修正するとよいでしよう。
管理画面を閉じ、「全員に公開」をクリックし公開投稿ができます。

14 画像を貼付する
基本的に、アメバでは、記事を書く記事記述欄には、Scriptで記述された画像などを貼り付けることはできません。htmlで記述された画像の貼り付けは可能です。
(バナー画像の貼り付けが可能なアフィリエイトサイトは、a8netとlinkshareなどが可能です。)

原則として、画像などを貼り付けるには、あらかじめ用意された「プラグイン」内に貼り付けることができます。

ブログを書く⇒サイドバーの設定⇒サイドバーの基本設定⇒プラグインの追加はこちら⇒下記にプラグインの指定のタグを追加してください。
他のサイトからコピーしたタグを貼り付け、上の小さな欄内にあるプラグインをクリックすると、プラグインの追加の画面に反映されます。

以降、外部のタグは、プラグインの追加画面のプラグインをクリックし、コピーしたタグを貼り付ければ表示されるようになります。
ただし、記述数は全角5000文字の制限があります。
なお、html記述の画像タグであれば、どこの欄にも貼り付けできますので、一度試してみるとよいでしよう。ただし、ブラグインには、指定のタグのみ貼り付けが制限されています。

15 自分が写した写真などを記事内に挿入する
また、自分で写した写真などを記事内に挿入したい場合には、記事上欄のhttp://stat.ameba.jp/common_style/img/editor_large/icon_img_s.gifをクリックすると、「画像フォルダ」の画面に移動します。この画面で記事挿入用の写真やアルバムとして公開したい写真をアップロードして、記事挿入したい写真の下の「この画像を使う」をクリックすると自動的に記事内に挿入できます。
画像数は、あらかじめ画素数を縮小しておくとアップロードの速やかにいくでしよう。

16 記事を編集する
前項13(5)で下書きしている記事がある場合には、記事を書くの右側にある「記事の編集」をクリックすると、過去に投稿・下書きした一覧画面が表示されますので、編集したい記事の「編集」をクリックすると記事を書く画面と同じになりますので、記事を書く要領で修正投稿することができます。
なお、下書き保存記事は時系列に保存されていますので、下書き忘れで眠っている記事がないよう気をつけたいものです。

a:50 t:1 y:0