アクセスアップを目指そう

 アクセスアップには、どんな方法があるか?考えてみましよう
お店へ買い物に行くと、いろいろな商品が並んでいますね。あなたが、興味を抱く商品は何ですか。定番の古いスタイルのデザインですか。
NEWモードのデザインですか。どんなデザインに目が向きますか。心が動かされますか。
ブログの記事にも、同じこと、同じ感覚を抱かれると思いませんか。古い記事・・アー、これ、この前見たよ。まだ更新していないんだね。
アッツ、この記事は、新しい感覚で、最近はやりのスタイルに合った参考になる記事だな!!。
なんて、感じることありませんか。
そうなんです。この感動を与える時間的空間の流れ。この移動する空間をうまーく演出されているブログ。
そんなブログを皆さんは、求めているんですよ。そして、更新することにより、更新記事として多くの方に目に留まるようになるのです。
ですから、ブログの女王と言われた中川翔子さんは、1日に25回も継続してブログ記事を書き投稿公開したと言われています。
更新すればするほど、読むほう見るほうにとっては、次の記事は何なんだろうと興味が出てきますよね。
次の記事が楽しみになり、読者登録も増えていく・・・、新しい記事を書きブログを更新することをお忘れなくね。
更新する分だけ、多くの方に目に留まりやすいのです。
1日1回は、更新する。これが理想ですが、できなければ週に2・3回更新するようにしたいものです。
このように考えてくると、いかにも簡単なeasyblogが書けそうですね。
ブログを難しく考えずにやさしいブログ、EASYなBLOGと考えることで、やる気がわいてくるものですよ。

 ブログに書くネタがない!!
誰でもが悩むこと。これは、毎日毎日、ブログに書く内容が浮かんでこない。記事にすることが何もない。なんて思う事があるでしよう。
そんな時には、身の回りのなんでもいいのです。見た状態、感じた感動、見ても何も感じない今の自分の感覚・心理状態など、ペット・観葉植物の成長葉の色の変化、着物・旅行などで買ってきた置物の思い出など、きれいなかっこいい文章書いてやろうと思っていると挫折感が先走り、三日坊主になるかも。
日々の身の回りの出来事・興味のあることなど、日記をつけるかたちで無理のない更新をするようにしましよう。
また、今日は、こんなテーマで書こうかな。なんて、かっこいい気持ちを持って記事を書き始めるとすんなり書けるものです。
テーマとして、家族・ペット・生きのも・金魚・趣味・生活・料理・子育て・ニュースなどなど、日々の出来事の状況を書いてみましよう。

 なにか思いついたらメモをする
私は、よく寝る前に、ふとひらめく時があります。でも、あさ起きてから考えようと思っていると、あれ、何かいいこと思いついたのに、・・?、って浮かんできません。
いろいろなアイデアが浮かんでくると、できればメモをしておけばよいネタとして使えるものです。一度に多くのアイデアを思いつくこともあるでしよう。そんな時には、一度に、アイデアに纏わる記事をいっぺんに書かないことです。小出しにして、1日1個。そうすれば、何日かのネタが書けますよね。
そして、記事を書くのは、毎日毎日書くのではなく、良い出来事や閃いたネタになりそうなものは、一遍に記事として書いておきましよう。
アメブロには、記事の投稿を予約して公開できる便利な機能があります。
一度書いた記事を公開せずに下書き保存もできますので、もう少し手を加えればもっと良い記事になると思われる場合にも、下書き保存しておくと、さらに思いついた時に補足修正できますので、便利な機能を活用したいものです。

 モバイルからの記事投稿も
最近は、どこのブロブも、携帯から投稿できる設定にしておくと、自由な時間に街中の出来事の写真を添付してリアルタイムに記事を投稿更新できようになっています。
友達とお昼の食事に行ったときの食事のメニュー、通りすがりの目にとまったもの、買い物したあとコーヒーを飲みながらチョットした時間に、携帯メールで送信するだけで記事を投稿公開することができます。
また、自分のブログを閲覧することもできますので大いに利用しましよう。

 ブログタイトルや記事題名にも一工夫
ブログタイトルや記事の題名は、ブログに来てもらうためのきっかけです。どんなブログを見るかは、ランキング一覧や更新情報など、ほとんどの人がタイトルや題名で選んでいると言われています。
いい記事を書けたときほど、その記事をちゃんと読んでもらうためには題名もしっかり力をいれて考えましょう。

ブログのタイトルや記事の題名は、記事の内容が判り易く簡潔な表現にすることです。
記事検索する場合も、簡潔な題名は、検索しやすくGOOGLEやYAHOOの検索サイトでも、検索記事に表示されやすく、新しい訪問者が増えてくるチャンスが多くなります。

 タイトルにキーワードを
ブログ検索では、よくキーワードと言われ、検索の「鍵」となる言葉が重要視されます。それは、記事お読む人が検索するときに入力する検索キ―ワード。
ブログ解析などでは、あなたの検索解析による、キーワードは、●●・○○・▲▲など、検索順位は??です、と分析されています。
この検索キーワードによって、どんな記事に人気が集中しているのか、どんな記事に興味があり、どんな記事を読む傾向にあるのか判断できるわけです。
そう考えると、記事のタイトル題名は、アクセスアップに重要なカギを握っていると思ってください。
そして、記事の題名を見たる人が興味をしめす表現にすることです。「単に美味しかった」ではなく、「○○のおススメグルメ」と、地域性や記事のイメージが想像できるお気に入りのお店のメニュー、どんな経緯で発見し利用したのかなど書きこんでいくと、次から読んでくれる読者も増えていくでしよう。
だけど、最初は、キーワードって、なかなか気がつかないもの、感じたこと・経験したことを順序良く時間の経過に従って、記事を書いていけば自然ときれいな内容の充実したものになるでしよう。

 たまには、ドッキとするタイトルを
記事の題名・タイトルは、なかなか難しいのもですが、ペットが子供を産んだとかいうときには、自分に置き換えて「私の?めでたく出産しました」などと、「ペットがめでたく出産しました」と書くよりは、受け取る側のイメージに興味が湧いてくるかもしれません。
余りにも、かけ離れたタイトルにすると、あー、またか?。と感じ取られるかもしれませんので、愛嬌良く振舞うのも効果を上げる手段の一つかもしれません。
たまには、そういう、お茶目のタイトルに、お茶目な記事の内容を書いて、ブログを楽しまれては如何でしようか。

ページのボリュームが増え検索エンジンに良い評価をもらうには

【SEO対策にも効果あり!】無料相互リンクツール『リンク・オプティ』

LINKoptyを設置すると、ページのボリュームが増え、検索エンジンに良い評価をもらう事が出来ます。
他にも、SEO対策にもなる独自機能でSEO対策を考えている企業様や個人アフィリエイターさんなどにも好評です。
SEOの専門家に監修してもらい作り上げた無料ツールなので、SEO対策もバッチリ!












a:123 t:1 y:0