USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!


アクセスアップの落とし穴

 
メールを使用している方なら少なからず身に覚えのないメールを受け取った方ときに迷惑と感じることありませんか。これをスパムという言葉に表現されるスパムメールと言われている。

アクセスアップを図るには、各社がSEO対策に力を入れていますが、そのアクセスアップの対策の一つに被リンクの獲得が極めて効果的と言われているようです。

いかに多くのサイトからリンクをしてくれるかによってそのサイトの存在の認識が広まっていることの証明にもなるのでしよう。

そのために、故意に外部からのリンクを有料提供することを目的のサイトも存在しているようです。

そしてまた、サイトのなかに日記風の記事を書きリンクしたり、相互リンクフリーと掲載しているサイトをよく見かけます。

自分のサイトにリンクされることによってリンク先の評価を上げるいまのネット界の構造からリンクさせる行為は迷惑行為と認識はしがたいでしよう。

また、最近ブログパーツとしてアクセスカウンターやカレンダーなどのようにHTMLで表示されたテキスト文字を見たことがあるでしよう。

ブログパーツ自体には問題ないのですが、巧妙に外部リンクを仕組んだパーツもあると言われています。

いろいろ記事を読んでみると、googleやyahooの検索サイトから急に姿を消したと言われている記事を読んだことがあります。

検索エンジンなどで表現されるように順位を上げるには、外部リンクを獲得することが大切ですが、googleやyahooがスパムという行為と判断されるようなサイト(スパム)からリンクをする行為がかえって順位を下げる結果になるかもしれないとも言われているようです。

あえて言うなら、いくらリンク先が多くても日々アクセスもないようなサイトとのリンクは、検索エンジンにはよしと認識されないのでしよう。

そうすると最良な方法は、上位に表示されている歴史のあるサイトや大手のサイトからリンクすることがサイトの質を上げうえに有効な手段であると言えるのでしようか。

このように考えると、そのサイトに共感してリンクをしてくれるようなサイトの構築に努力を傾注することが大事であるとも言えるのです。

でも、このネット界は、googleやyahooの検索エンジンの認識システムによって左右されている構図によって動いている。そして、誰もがこの手のひらの上でアクセスしなければならない構図になっていることにどう感じるかでもあるのです。

ブログもそうですが、日々の魅力的な記事の投稿こそ自然な成り行きにより読者登録(被リンク)が増えアクセスアップが向上する。日々の投稿なくしてアクセスアップは望めない。

そう考えるとamebablogのペタ機能はすばらしいリンク機能であると言えるかもしれませんね。




URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録



80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム




無料アクセス解析ツール「Web Analyst(ウェブアナリスト)」
無料アクセス解析ツール「Web Analyst(ウェブアナリスト)」






a:67 t:1 y:1